読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

理由は特に無いが結婚はしたくない

自己主張

結婚なんてしたくない

結婚なんてしたくない

 

友人や親戚が続々と結婚していきます。結婚式にも呼ばれたり、家族の写真をいくつか見せてもらったりもしました。皆さん口をそろえて「結婚はすべき」だと言ってきます。結婚はいいもので、とにかくおめでたいもので、なんとなくすべきものだという変な価値観が蔓延しているかのような錯覚にも陥ってしました。

 

そんな私は結婚をしたいと思ったことが無い人間です。ごくごく普通に中学生、高校生、大学生と過ごして来ましたが、結婚したいと思ったことが一度もありません。そして理由も特にありません。自分の頭のなかには結婚という選択肢はそもそも無く、どうでもいいものだという認識です。

 

でも理由はあるだろう? と頑なに聞いてくる人もいますが、とにかく理由は無いんです。例えば今日の夜ご飯、魚にしようかな、それとも肉かなぁ、と考えたところ「肉にしよう」と決めた場面を想像してください。そんなときに「なんで魚にしなかったの?」と聞かれて明確な答えを出せる人はいますでしょうか? 答えは多分「なんとなく肉が食べたかった」からでしょう。なんとなく魚が嫌で肉を選んだんです。魚を選ばなかった理由なんてそんなものです。

 

私にとっての結婚とは上記の魚のようなものです。どうでもいいものなんです。だから結婚したくない理由は特に無いんです。なぜならどうでもいいものだからですね。周りから「なんで結婚しないの?」と聞かれても明確な答えだけは絶対に出せません。そもそもどうでもいいことなので「なぜ?」かを考えることは無駄だとも思っています。

 

しかし、上述の例えでたまたま肉を選びましたが、その時の気分次第でなんとなく魚を選ぶこともあるかもしれません。つまり、なんとなく結婚してもいいかな、と思う日が来るかもしれません。たまたまずっと結婚はどうでもいいものだと思っていただけで、そのうちふらーっと変わるかもしれないです。

 

でも、そうなる理由は特にありません。なぜなら何度も書きますが「どうでもいい」ことなので考えようともしません。今回このような記事を書いた理由も周りから色々と聞かれたから反論するために少し考えてみただけのことです。どこでどうこんな価値観を持ったのかはわかりませんが、やはり私は結構マイノリティな世界で生きているみたいです。

 

どうでもいい! (feat. 初音ミク)

どうでもいい! (feat. 初音ミク)

広告を非表示にする