読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

君の人生は教科書に全部書いてあんのかい? ~銀の匙を読んで~

学び

銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)

 

面白い、というか学ばされるところがたくさんありました。漫画だろうがラノベだろうがテレビゲームだろうがエロゲーだろうが、自分の人生に大きく影響を与えることもあるし、最高に楽しいひとときを与えてくれることもあります。そんな中この漫画は1つものすごく面白い部分があったんです。

 

それは、主人公「八軒勇吾」の成長ですね。もっと具体的に言うと「新しい環境から感じた新しい価値観」→「これまでの考えは決して正しいものではなく、これからも唯一の正しさなんて存在しない」→「自ら考え、学び、自分で決める」という意志の成長が見ていて面白い。小中学生時代に親や学校の教師からはひたすら「勉強しろ」「ゲームは一日1時間」「減点方式」などなどの偏った考え方を刷り込まれます。そして、それが繰り返されることで「正しい」ものだと認識せざるを得ない状況になります。私自身もそんなことがありました。しかし、それは本当に「正しい」のでしょうか。

 

そんな価値観に毒され傷つき嫌気がさした主人公が農業高校へ入学するところから物語は始まります。目標もなく自分がなぜ農業高校にいるのかも分からず、また小中と積み上げてきた学力なんかも全く必要無い世界に飛び込み大きな価値観の違いを目の当たりにします。絶対視していた点数の高さは現実世界で何の役にも立たず、実習を通じて自分の無力さや何をすべきかという葛藤、さらには学力という物差しでのみ認められ、挫折したことのトラウマ、自分を形成していた価値観が音を立てて崩れ去るシーンは、何か過去の自分を見ているようで痛くもあり辛くもある気分になりました。

 

しかし、そのような状況の中からも学び、行動し、そして成長していく主人公。逆境に立ち向かっていくその姿ってのは見ていて気持ちのいいものですね。単なるサクセスストーリーでも無い不器用で若い学生の物語。すごく面白い! これはオススメです。

 

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 6 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 5 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 5 (少年サンデーコミックス)