読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【主】2020年のオリンピックが東京に決まってしまいました・・・残念

自己主張

オリンピックと商業主義 (集英社新書)

オリンピックと商業主義 (集英社新書)

 

2020年のオリンピック開催地が東京に決まってしまいました。。。

 

これは激しく残念です。その理由は私の好みと価値観でしょうね。twitterなどで批判されている「原発問題」「地震」「財政」などの問題は個人的には不安視していません。原発問題は日本の技術力や行政の行動力、復興への熱意が強いため2020年までにはいくらでもカバーできると思います。

 

地震はリスクといえばリスクですがそれを気にしていたら何もできません。日本人は起こってもいないことに対して恐怖心を抱きすぎるくせがあると思います。起こるかどうかわからないことをリスクとして前もって対策を考えることは大切です。しかし、そのリスクに過剰な不安や危機感を感じてしまうと何もできません。そんなことを言ってたら、部屋から外に出た瞬間空から隕石が降ってくるかもしれない! とか思って一歩も出られなくなります。

 

財政は確かに日本の負債が1000億円といった報道がなされていましたが、それでも日本は回っています。またオリンピックのための準備金が既にプールされているのであれば問題は少ないでしょう。財政などの難しい問題は我々が心配してもしかたがありません。プロに任せて後はそれを信じるべきです。それにオリンピックはスポーツの祭典なので、もっと目を向けるべきポイントが他にあるような気がするのは私だけでしょうか。

 

個人的なオリンピックの楽しみ方は2つ。「深夜や早朝にひっそりとオリンピック中継を観る」「オリンピックを通じて他国の都市の文化や雰囲気を感じる」ことですね。日本で開催されると、知ってる都市の良さを再発見出来るというメリットも有りますが、それ以上に知らない都市を知ることが出来る方が私的には優先度が高いんですね。

 

だから、今回の2020年東京オリンピック決定を素直に喜べないわけです。残念です。しかし決まってしまったのでもう何も言うことはできません。とりあえず次回のリオを楽しみにしますか。

 

東京にオリンピックを呼んだ男

東京にオリンピックを呼んだ男