読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】映画スティーブ・ジョブズを観てきました(ネタバレあり)

趣味 映画感想

f:id:tel_01:20131102155050j:plain


☆ネタバレあります。。。


映画スティーブ・ジョブズを観てきました。最近Apple製品が自分の周りに増えてきたし、スティーブ・ジョブズのスピーチやプレゼン関係の本を読んだことがあったので思わず観に行ってしまいましたApple社の設立から現在の規模になるまでの裏側が見れるって面白そうですよね?


で、そんな映画の感想は、個人的には面白かったと思っています。特に面白かったのは登場人物たちの人間模様。Appleの技術力や製品の開発に関するドラマはほとんど無く、スティーブ・ジョブズの学生時代からCEO時代までに渡る様々な人間関係が色濃く描かれていていましたね。


ストーリー自体は全く面白いものではありませんでした。おおまかな流れは、大学時代→自宅のガレージにてApple1の製造→Apple2の開発→Lisa→Macintosh→クビ→カムバック。この壮大なシナリオを2時間に詰め込むだけ詰め込んでいたので、とにかく急な展開ばかりが続きます。急に会社が大きくなっていたり、クビになったあと急にカムバックの要請が来たり、、、ある程度Appleの企業史を知っていないと置いてきぼりを喰らう構成でしょう。


また、映画のポスターに載ってる晩年のスティーブ・ジョブズはほとんど出てきません。この時代の物語を期待していただけに肩透かしを喰らいました。この映画では初代iPodを公表するところまでしか描かれません。しかし、iPodを開発している描写は全くなく、スティーブ・ジョブズAppleに戻ってきて、その当時役員だったメンバーを全員辞めさせるところで全ての物語は終了しています。観衆の前でiPodを発表するシーンは冒頭に少しあるだけで、それ以降は上記のような流れで終わります。だから、現在のAppleの強さを表す商品たち(iPhone, iPad等)は全く出てこない分、見る人を選ぶ作品なのかもしれないですね


というわけで、個人的にはすごく楽しめる映画でしたが人には薦めづらい映画だと感じています。Apple社のことをそこそこ知っていて、且つスティーブ・ジョブズのこともそこそこ知っている。さらにApple社の製品がそこそこ好きな人ならこの映画を十分楽しめるのではないかなって思います。


f:id:tel_01:20131102155357j:plain
↑このiPod、自分が絶対に選ばないカラーをあえて購入したんです。