読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】劇場版 モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵 ~萌えより燃えな硬派で戦略的スペースオペラ~

映画感想

f:id:tel_01:20140306165045j:plain


女子高生が海賊船の船長になって宇宙を駆け巡るありきたりな量産型萌えのアニメ、、、だと思いつつ前知識無しで観に行ってきました。当然原作もアニメシリーズも見ていません。全くの知識0状態で観に行ってきたんですよ。まぁハズレだよなぁ、と思いつつガラガラの映画館にて映画鑑賞。


映画が始まり登場する様々なキャラクター達。当然どのキャラも知らないのでポカーン。。。そしてOPテーマが流れてきたと思ったらももいろクローバーZ!? なんだこれ?? と驚きつつもよくわからんという「?」が頭のなかを駆け巡る開始30分。


ただ、その後は映画に没頭しグイグイと物語にのめり込んでしまいました。うん、前知識があったほうがより面白いんだろうけど、全く知らなくても十分楽しめる映画だったと思っています


戦艦同士の砲撃戦がメインかなぁ、、、と思ってたけど、頭脳と工夫を活かした情報戦や部員同士のコミカルなやりとりがメインで面白かったかなぁ。また、敵対勢力にやられてしまい危機的状況に陥る、、、ことも無く、ハラハラさせられる展開が後半に待っている、、、ということも無く安心してリラックスした状態でのんびり楽しめる映画でしたね。こういう映画、久しぶりだったのでかなり楽しめました。


あとは、ラブストーリー、、、全く無し。ほのかにそんな描写もあったりするけど基本的にはそういうシーンは全くありませんでした。私の勝手な先入観では機動戦艦ナデシコのような感じなのかなぁって思ってたんですが、ナデシコよりも遥かに硬派なSF宇宙戦艦モノのアニメ映画だと思います。タイトルやキービジュアル、様々なポスターや原作小説なんかを見るとライトなオタク系アニメだと感じてしまいますが、中身は結構本格的に硬派な内容だったりします。うーん、萌え、、、あるのかなぁ・・・


といった映画でした。個人的には大好きな映画です。今年6本目の映画ですが、この作品は2位というところでしょう。ただ、今のところ自信を持って1位だ!と思える作品が無いんで暫定2位という感じですね。とりあえず、原作やアニメシリーズを見てからもう一回近いうちに観に行きます!