読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】たまこラブストーリー ~ネタバレあり・シーンごとの詳細な感想 前半戦~

映画感想

f:id:tel_01:20140504233740j:plain


4月26日の公開後3回観に行きました。。。来週も観に行くので通算4回は確実。劇場版のアイドルマスターも4回観に行ったから両方とも相当気に入ったんだなぁ。


で、今日は詳細なたまこラブストーリーの感想を自分の備忘録的な意味合いで書いていきたいと思います。前回はべた褒めしたけど、今回は多少のネガティブな情報も書きますね。観れば観るほど面白く感じてくるけど、それと同時にここはダメなんじゃないか、という点も見えてくるんです。なのでそれを今回は思い切って載せてみます。






【以下ネタバレ含みます】





1.ネガティブな感想
・本編に入ると地球と月が出てくるけど、このシーンは意味不明。
・エンディングテーマが2曲あるのはいいけど、2曲目の「プリンシプル」が1番しか流さなかったので余韻や感動に浸れなかった。エンディングロールは2曲にせず1曲にしてフルで流して欲しかった。これはこの映画の名で最も大きな失敗ポイントだと思う。
・ちなみにエンディングテーマは主題歌のプリンシプルと「KOI NO UTA」。この曲は豆大がひなこに告白するための曲のたまこカバーバージョン。確かに映画の内容からすると「KOI NO UTA」は必要な曲だけど、OPも「KOI NO UTA」だったのでEDはプリンシプル一本でいって欲しかった。


2.全体を通した感想
・本編が始まる前に10分位あったデラのショートストーリーは和むけどあんまり・・・
・本編前の京アニのロゴアニメ、豪華。
たまこラブストーリーのロゴが出るシーンは非常にクリエイティブだと思った。
 (店番中のもち蔵が落としたりんごの左側に「Tamako Love Story」と表示される)
・その後すぐに豆大(たまこの父)と吾平(もち蔵の父)のお決まりの喧嘩、そしてもち蔵が豆大のことを「お父さん」と呼ぶのもお決まり。そんな喧嘩を仲裁してるもち蔵の後ろでたまこが笑顔でぴょんぴょん飛び跳ねてるのは可愛い・・・
・もち蔵のPCの中にたまこの動画が10つ以上あって、それを見ながらニヤニヤするもち蔵、ちょっと変態。きっとそれ見ながら◯◯◯ーもしてるんだろうなぁ。。。
・バトン部の中のことにTVシリーズよりも結構焦点があたってて、たまこが投げたバトンを掴むのが苦手だっていうのが非常に印象的に描かれていた。バトンをつかめないたまこ、ある意味この映画のキーワード。
・掃除をしながらもたまこの姿を自然に目で追ってしまうもち蔵。好きなんだなぁ、と感じるシーン。
・部活前のみどりともち蔵の会話。「めっっちゃたまこのこと見てるよね! でも、見てるだけだね」ともち蔵に対する強い一言を投げるみどり。みどりもたまこのことが好きなんだからこそもち蔵に素直に接することができないのか、たまこに幸せになってほしいからあえて挑発するようにもち蔵に発破をかけているのか、、、なにはともあれ良いシーン。
・「告白するの? いつ?!」というみどりからの一言に対し「今日だよ!」と思わず口を滑らせてしまうもち蔵。でも、どうせ告白なんてできないんだろなぁ、、、とお予告編を見てなかったらそう感じていたはず。
・トイレから出てきたたまこに対し、「今日大路、たまこに話があるらしいよ」とアシスト的な一言。こうでも言われないともち蔵は告白なんてできなかったんだと思う。。。
・夕焼けの川辺、もち蔵がたまこに話をしようとするも、たまこが自分のことを話し始めたためもち蔵の心が折れ話すことを辞めると言っちゃうところ、リアルです。。。
・たまこが足を滑らせて川に落ちそうになるところでもち蔵がたまこの手首を掴み間一髪のところを助ける。ここでやっともち蔵の決意が固まりたまこに告白スタート。この映画の中で最も観たかった良いシーンですな。
・「俺、たまこが好きだ」、、、の後に「俺、メチャメチャたまこが好きだ!」って言った後、たまこが「も、もち蔵、ちょっと何言って・・・」と言いつつ足を滑らせて川へドボン。その後のギャグ的展開がこれまたたまこらしい感じで大好きです。「かたじけねえ」・・・
・逃げるように帰るたまこの足取りは、冒頭の部活シーンでかんなが体育館をサササッとふらふら歩くシーンをオマージュしているのが面白い。
・初めて直接的な好意をぶつけられ、恋ってやつに動揺しどうしていいかわからないたまこの焦りやよくわからない行動が後半まで続く。。。これはテレビシリーズでもち蔵がたまこに対する好意を上手く伝えられず空振りばかり繰り返した姿を踏襲しているように見えてしまった。
・翌日、部活の朝練でぎこちない動きのたまこ。教室に行ったらもち蔵を見つけてしまい、顔を合わせないようにさらに不自然な動きをとってしまうたまこ。。。動揺が強く伝わるシーンの連続。
・昼休みにみどりと中庭へお昼ごはんを食べに行く際にみどりから「昨日何かあったの?」と聞かれるたまこ。でも「何もなかった」と嘘をつきその後に「ごめん」となんとなく親友にも打ち明けることができないシーン、たまこもどうしていいのかわからないんだなぁ、と感じさせてくれますね。みどりや友達に対して、そしてもち蔵に対してもどうしていいのかわからない複雑な心境が上手く表現されています。


つづく


たまこまーけっと デラ・モチマッヅィ ぬいぐるみ

たまこまーけっと デラ・モチマッヅィ ぬいぐるみ