読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【主】成人式へ行かなかったことは正しかった

自己主張

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)

図解 マナー以前の社会人常識 (講談社+α文庫)


私は成人式というイベントに参加していません。一人暮らしをしていましたし、わざわざ遠方の会場まで行くのも面倒でした。それに成人式という式典に参加することの意義やメリットを全く感じなかったというのが主な理由でしょうか。


また、私の勝手なイメージですが、成人式の内容は偉い人からありがたいお言葉を聞き、なにやらよく分からないお土産を持たされるだけの儀式だと認識しています。そして同年代の仲間と久々に会う同窓会的な要素が強いとも聞いています。若干冷めた現実主義者の私としては、着慣れていないスーツを着てわざわざ参加し聞きたくもない話を聞くのは苦痛。仲の良い友達もそんなに居なかったので行ってもつまらないだけ、と判断して参加しませんでした。


さらに当時、成人式といえばとにかく荒れているという報道ばかりなされていたことを覚えています。まぁ、一部の馬鹿な新成人の行為が集中的に報道されていましたので余計に行く気を無くしていたのでしょう。私にとって成人式とはよく分からないイベント、そしてネガティブな雰囲気の式典、この程度の認識でした。


では、どのような成人式だったら参加していたのか。「これなら参加してもいいかな」と思える式典を想像し考えてみました。



ニコニコ動画で全新成人に対しコンテンツを配信
ニコニコ動画ならネット環境さえあれば誰でもどこでも視聴することが出来ます。また、意見も画面に飛ばすことができるので双方向で式典に「参加」できます。従来の式典では聞きたくもない中身のない話を偉い人がただ読み上げるだけの作業を淡々と我慢して聞く必要があります。しかし、それが双方向で意見を交換できる環境を整えることでより主体的に式典に参加できることになり参加する意義が見いだせそうです。


さらに、「会場に行かなくても参加できる」ところに意義があると考えます。私みたいに尖った意見を持っている人間は置いといて、病気だったり遠方にいたりと物理的に参加できない人も多くいると思います。そんな人たちも参加しやすくなるようにウェブの技術を使って物理的な距離を0にし多くの人に参加して貰うという方法は良いのかなと思うんです。スマートフォンや携帯端末でもアクセスできるようにすれば自宅にネット環境がない人にもサービスを提供できそうです。


また、開催側にもメリットがあります。わざわざ各地の大きなホール等を借り、市長等偉い人のスケジュールを確保し、運営スタッフと何日も前から打ち合わせし、当日の式典全体を管理し、、、といった事務処理や管理が省けます。これは大きな節約です。ここで浮いた予算を災害対策や福祉などに回せば、より住みやすい自治体を作ることが出来ます。


なんせ、日本で1会場だけセッティングし全国へ向けてネット配信すればいいんです。また、会場でなくても放送スタジオとかでも良いと思います。費用は格段に下げることが出来ます。また、偉い人だけでなく著名人や芸能人等様々な人にスピーチ等をして貰ったとしても、1会場だけで話してもらえばいいので費用を節約できます。さらに、事前にどんな人に出演して欲しいか意見を集め、その意見を反映させることでより興味を惹くイベントにすることも可能です。自治体が淡々と独りよがりなイベントを開催するなんて興味がわきません。双方向で意見を持ち寄り、お互いで良いイベントを作り上げていくようなそんな成人式にするのがベストだと思います。


新成人側からすれば参加しやすくなる。運営側からすれば余計な仕事を減らすことが出来る。メリットは高いと思います。デメリットは同窓会的なイベントにならなくなるところでしょうか。ま、夢物語ですけどね。


広告を非表示にする