読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【主】MVNO乗り換え体験記 〜毎月の通信料が安くなったこと以外変化なし〜

自己主張

f:id:tel_01:20150612204201j:plain


ソフトバンクから楽天モバイルスマホのキャリアチェンジをしてから1ヶ月経過。

ぶっちゃけ、全く違和感を感じません。


よくお昼頃はMVNOだったら通信速度は遅くなる的な話をいたるところで見ますが、私はそこまで違和感やストレスを感じたことがありません。私はそんなにスマートフォンでWebサイトをたくさん見たり動画をダウンロードしたりする方ではないので参考にならないかもしれませんが・・・

でも、ソフトバンク時代とどう変わった? と聞かれても、キャリアメールが使えないこと月額料金が3分の1以下になったことくらいしか答えることが出来ないんですね。

確かにソフトバンクからMVNOに契約変更するのは不安でした。だって、携帯電話市場を牛耳ってるdocomoauソフトバンク以外の選択肢を選ぶこと自体不安ですもん。でも、こう思ってしまうのは単なる3大キャリアの戦略なのかもしれません。とりあえず3大キャリアと契約してれば安心的な思いも根強いので、そこから出るという挑戦をしたくない日本人気質もあると思います。

ただ、出てみたところ、大きな変化は月額料金が安くなったことぐらいです。だから私の場合得しかしてません。まぁ、これからどうなるかわかりませんが、滑り出しは好調だと感じています。

で、選んだ事業者である楽天モバイルについてどう感じているかというと、可もなく不可もなくというところ。契約時にフリーメールを10個使用可能とか楽天ポイントが貯まるとかいろいろおすすめ情報をもらいましたが、ぶっちゃけどうでもいい話です。むしろ楽天の一番の害である「メールマガジン」が今まで以上に届くことがストレスです。メールマガジンさえ無ければ良い通販サイトなのにね。

ま、そんなことはおいといて、特筆すべき良さも悪さも無いと思います。通信料も業界全体的に見ると平均かそれより安い料金ですし。他のMVNOを使ったことが無いため比較できないので話半分に読んでいてもらえれば幸いです。


というわけで、みなさんもdocomoauソフトバンクといった高すぎるボッタクリ通信事業者から脱却し、MVNOで新しいスマホライフを体験して欲しいものです。