読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【趣】ボルダリングって面白い! 〜筋力とパズルを解くような知能が必要〜

趣味

f:id:tel_01:20150802125244j:plain
ボルダリング初体験の私↑


ボルダリングに行ってきました!


ボルダリングっていうのは、簡単に言うと崖を登るスポーツ壁にカラフルな出っ張りがあり、それを一定のルールに基づいて決められた出っ張りごとに掴んで登って行きゴールを目指すというもの。

レベルが細かく決められていて、初心者は比較的掴みやすく登りやすいルートと出っ張りが用意されており、ベテランには掴みにくく登りにくいルートがあります。

そんなボルダリングを水道橋にある東京ドームシティ内のボルダリングジムで体験してきました。


のぼる小寺さん(1) (アフタヌーンKC)

のぼる小寺さん(1) (アフタヌーンKC)

オタクが「アイカツ!」に影響されて壁を登ってみた(1/4) - オモトピア


1.ボルダリングをやろうと思ったきっかけ
そもそもやろうと思ったきっかけはこのマンガとこの記事。「のぼる小寺さん」は美少女クライマー小寺さんが高校の部活の中でボルダリングをただ頑張るストイックさを描いたマンガです。一見無口で人付き合いが苦手そうだけど、表情豊かだったり何にでも一生懸命だったり体育会系の部活に適応していたりとギャップが面白いんですよ。ぜひぜひ読んでみてください。

また、「オタクが「アイカツ!」に影響されて壁を登ってみた」は、一流ホームページのゴトウさんという凄い※※※なオタク(一応私10年以上サイトを見続けているファンなんです・・・)がアイカツっていう美少女がアイドル活動を頑張るアニメに触発されてボルダリングをやってみた、という記事。これを読んでみて私も触発されてしまいました(アイカツまでもゲームセンターでやってしまったというのはまた別のお話・・・)。

と、こんな記事から影響を受け実際に友人とボルダリングジムへ行ってみたわけです。


2.ボルダリングジムでの受付
まず受付で会員登録と利用料金を支払います。今回行ったここでは、入会金800円、利用料金1700円で合わせて2500円。安いのか高いのかはよく分かりませんが、調べた中で比較するとだいたい平均値くらいでしょう。

支払いをしつつ、誓約書とパーソナルデータを記入。誓約書は、危険を伴うよ〜、とかそんなところ。そして記入が終わるとボルダリングと施設の基本的な使い方を紹介するDVDを見て受付終了。15分くらいでしょうか、その後はボルダリングシューズを受け取って更衣室へ移動。


3.ボルダリング初体験
服装はジャージにTシャツが無難というお話でした。私も例に漏れず予め用意したTシャツとジャージ(短パン)で参加。そして比較的広いボルダリングのスペースの中で、最も傾斜がなだらか(85°)な初心者コースに行ってみました。ただ、どうすればいいのか全くわからなかったので右往左往していると、ジムのスタッフさんがルールと登り方を結構丁寧に教えてくれました。

スタート地点からゴールまでの移動ルート、スタートポジション、登る際の足と手の動き等々。あとはルートの難易度。この施設では9級から2段まで幅広く設定されていました。

とりあえずまず始めにやってみたのが7級のルート。スタートは「S」と書かれた岩を両手でつかみ、足場も同じ級の色のところに登った状態から始めなくてはいけません。そして両足が地面から離れたところからスタート。その後は、足も同じ級の足場、手も同じ級の岩を掴みながら遥か上部にある「G」と書かれたゴール地点を目指すわけです。

足場を右足から左足に上手くチェンジし、体の重心を移動させ勢い良く上にあるブロックを掴みながら足場もまた変えていく、、、まるでパズル。いや、本当にパズルなんですよ。だって、壁の中盤まで上がったところで次に掴むブロックがどこにあるかわからず、さらに足場もどこかわからなくなりパニックになったし、そう迷っているだけでも筋力と握力、スタミナは消費されるので登れなくなるし・・・こういうのがまた面白いんですけどね。

そう悩みながらも登れるようになり、傾斜も85°から90°、95°と難易度も上げつつ他のルートも色々楽しんできました。ま、後半は握力も筋力も限界となり全く登れなくなってしまいましたが、何度もやっていくことで慣れるし鍛えられるため、ちょっと通ってみたいなって思いました。


4.ジムの混み具合
土曜日の13時頃に行ったんですが、その時間帯は比較的空いていました。なので、ジムスタッフの方に丁寧なレクチャーをしてもらえましたし、何度も登れました。ただ、14時、15時と時間が経つにつれ人が増えてきて、ベンチに座れなくなるほどたくさんの方がボルダリングに参加していました。

マイナースポーツだと思っていましたが、そもそもジムの数自体が少ないし、東京ドームシティという有名で人が集まりやすいところに事務がある以上混むのは仕方がないかもですね。なので、秋葉原にあるボルダリング施設も今度会員登録して参加しようと思っています。


5.トレーニング効果?
かなりあると思います。全身を手と足で支えるので筋持久力をかなり使います。さらに、楽しみながらカラフルなブロックを掴み登っていくのは結構楽しいんですよ。それに、ブロックそれぞれが掴みやすいかと言われればそうでもなく、むしろ「これ、どうやって掴むの?」と思えるようなブロックがたくさんあります。

私は学生時代「器械体操部」で鉄棒とかつり輪を掴み演技していた経験があるからボルダリングは楽勝だ!と思っていたのですが、掴みにくいブロックを掴んで体を支えることがこんなにも難しいことなんだということを今回思い知らされました。そんな掴みにくいブロックを掴み体を支えるためにいつも以上に筋力を使うことになるので、上半身を鍛えるにはかなり最適なスポーツだと思います。


6.まとめ
この記事を書いているのがボルダリングの翌日なんですが、、、筋肉痛が酷い。いや、握力が回復していないのが一番辛いかも。でも、久々に心地よい筋肉痛を感じています。スポーツっていいですね!

運動不足な社会人にこそ体験してもらいたいスポーツだと思います。ルールは簡単。決められたブロックをつたって上に登るだけ。私はハマってしまいましたので今後もっと上手くなるためジムに通うつもりです。みなさんもぜひぜひ体験してみてください!


のぼる小寺さん(1)

のぼる小寺さん(1)

ボルダリングからはじめよう! Enjoyフリークライミング

ボルダリングからはじめよう! Enjoyフリークライミング

実践テクを極める! ボルダリングレベルアップのコツ (コツがわかる本!)

実践テクを極める! ボルダリングレベルアップのコツ (コツがわかる本!)

インドア・ボルダリング練習帖 (RS Books)

インドア・ボルダリング練習帖 (RS Books)