読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

久々の本のレビュー4冊 ~ラノベからビジネス書まで~

ビジネス書 書評

久々に最近読んだ本のレビュー! ビジネス書からラノベまで気に入ったものを紹介します。

 

アウター×トップ (メディアワークス文庫 か 5-1)

アウター×トップ (メディアワークス文庫 か 5-1)

大学生の2人がロードバイクにまたがりプロレーサーを目指す熱いスポーツ小説です。最初から最後まで一気に読み切ることが出来るスピード感溢れる作品ですね。主人公の京助と親友の悠宇が切磋琢磨しプロへの登竜門である「クラス1」へ昇格を目指しロードレースに打ち込む展開、そして悠宇の妹である有季が競技に参加するようになり、京助との距離が縮まっていく場面は読み応えがありました。

 

さらに、ストーリー中盤で京助がレース中に落車し肩を負傷する事故があり、クラス1への昇格が絶望的になるのですが、そんな状況にもめげず有季とともにリハビリやトレーニングを続ける姿はいい意味で刺激を受けると思います。ロードバイクに乗った3人がロードレースに打ち込む姿を描いたこの作品。あっという間に読めます。短時間で清々しい気分になりたい方へオススメします!

 

 

IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)

この本は面白い。企業の経営再建や経営分析のプロセスが面白いほどよく分かります。また、実際に現場にて行なっている経営分析を、架空の卸売業を用いてケーススタディのような感覚で紐解いていく場面はかなり勉強になりますね。さらに、経営の勝ちパターンをPL等の財務諸表から探り出しロジックを組み立ていく過程は、ビジネスパーソンにとってかなり有益なノウハウだと感じます。

 

リアルな経営分析の現場をあたかも身近で見学してるかのようなそんな感覚で読み進めることができるこの著作。社会人から学生まで、「経営」を学ぶ全ての方にお薦めします。

 

 

人前で話すのがラクになる!5つの魔法

人前で話すのがラクになる!5つの魔法

人前で話せるようになるための自分作りではなく、コミュニケーションをスムーズに行うことができるようなマインド作りが学べます。やり方は意外なほどに簡単でシンプル。でもそれをやってる人は少ないと思われる行動。なかなか気づかない行動なんですよね。

 

この本を読むことで、楽に、スムーズにコミュニケーションができる方法を学ぶことができ、さらにスピーチにて応用する技術までも得ることが出来るでしょう。また、この方法論はスピーチだけにとどまりません。勉強を続けたい。仕事を上手にこなしたい。人付き合いをもっとやりやすくしたい。こんなことにも応用ができると思います。タイトルには「スピーチ」と書かれていますが、それ以上に応用可能なノウハウが詰まったこの本。学生、社会人問わず、全ての方にお薦めしたい本です!