読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【趣】ここさけとあの花の聖地「秩父」へ衝動的に行ってきました!

f:id:tel_01:20151005215455j:plain


先週末、とにかく天気が良くてさらに「心が叫びたがってるんだ」や「実写版あの花」を観た後ということもあり、なんとなく秩父行ってみたいなぁなんて思ってしまいました。そんなわけで、朝から急遽友人を誘って何も準備せず秩父へ行ってきました!


1.聖地秩父への行き方とかかる時間
行き方は結構簡単でした。池袋から西武池袋線に乗って「飯能」という駅まで行きます。大体50分位かかりました。ちなみにこの「飯能」という場所は「ヤマノススメ」のここなちゃんがいる場所みたいで、駅構内にアニメ画像の載ったのぼりが置かれていましたね〜


f:id:tel_01:20151005220116j:plain

飯能の駅もあの花の聖地らしく、ベンチにこんな記載もありまして。


f:id:tel_01:20151005221719j:plain

もう飯能に着いた時点で聖地巡礼はスタートしてるってことでしょうかね。


そんな飯能から乗り換えて「西武秩父駅」を目指します。急行?に乗ったのかなぁ、飯能から西武秩父駅まで40分程度かかりました。ただ、電車の本数自体少ない上に土日ダイヤのため、乗り継ぎが上手く行かなかった場合30分程度待つことも覚悟しておいてください。


f:id:tel_01:20151005221556j:plain

そんなこんなで、田舎の山の中をひたすら突き進みやっと街並みが見えてきたと思ったら西武秩父に到着です。この駅を降りた瞬間から聖地巡礼のスタート!


f:id:tel_01:20151005220423j:plain


駅を降りて秩父鉄道のホームへ行くルートの間にちょっとしたおみやげ屋の連なる商店街があります。そんな商店街はあの花・ここさけ一色。コラボフードからおみやげ用のクッキー、さらにはめんまの蒸しパンまで売られています。いやー、帰り際に買おうと思ってたけど売り切れていました。。。ここまで来たのにめんまの蒸しパン食べられないとかって(^_^;)


f:id:tel_01:20151005221615j:plain
f:id:tel_01:20151005220435j:plain

そして、映画の宣伝用アイテムもいたるところに有りましたね〜 街全体で映画を応援している雰囲気、嫌いじゃないです。


f:id:tel_01:20151005221528j:plain
f:id:tel_01:20151005221536j:plain

そんな通りを突き進み、秩父鉄道の駅がある踏切付近を見ると何やら見覚えのある風景が・・・そう、ここさけで順と田崎が下校時に会話していた踏切なんですよ。いきなり目の前に現れる映画のワンシーン。嬉しかった・・・


f:id:tel_01:20151005221509j:plain
f:id:tel_01:20151005220410j:plain

だったら、電車乗らず歩いて秩父駅に行ったほうがもっと聖地を堪能できると思ったので西武秩父駅から秩父駅まで徒歩で行くことに。そして街中を色々と歩きましたが、電灯にここさけのポスターが吊られていたり、ポスターが貼られていたりとこれまた街全体で映画を激推ししていました。


f:id:tel_01:20151005221819j:plain

映画の中に入り込んだ感覚っていうんですかね。こういうの、好きな作品だからこそ楽しかった!


そして秩父駅到着。ここからあの花に出てきた「秩父橋」まで行こうとバスを待ちました。。。ここまでは良かったんですが、土日ダイヤであることを完全に忘れていたため、こないバスを20分位ひたすら待っていまして。土日は1時間に1本。それに気づいた私たちは諦めて歩いて橋に向かうことにしました。


ここからが辛かった。やっぱり遠い。

[https://goo.gl/maps/nb2v9RPa4Tw:title=Google マップ]


2.8kmの距離を30分ほど歩いて向かいました。アップダウンのある道のり、歩道がなくすぐとなりを車が走っていくわけでそこそこ危険。でも、目の前に大きな橋が見えてきた時は感動でした!


f:id:tel_01:20151005222755j:plain
f:id:tel_01:20151005222818j:plain

ある種この場所に来たかったわけで。そして橋には同じ想いを持った観光客も複数グループいました。そして、橋の下に行ける階段があったので当然ながら降りてみたわけです。


f:id:tel_01:20151005222952j:plain

ここもあの花に出てきたなぁ・・・早く帰ってあの花見直したい・・・そんなこんなで第2チェックポイントクリア! という感じで次の目的地へ向かいました。


次に向かったのは、じんたんやあなるが通っていた学校。秩父橋からちょい山の方へ向かいつつ秩父駅に戻るルートを歩き、20分位たったところで発見。


f:id:tel_01:20151005223219j:plain

うーん、アニメに出てきた場面とはぜんぜん違う校舎でしたが、場面はまさにここ。あなるはどこにもいませんでしたが・・・


そして、そのまま道なりに歩きじんたん達が集まっていた神社に向かいました。でも結構入り組んだ場所にあるみたいで迷ってしまいまして。すると後ろから「アニメの場所はそっちじゃないよ〜」と地元の方から声をかけてもらったんです!「公園のトンネルはあっち!」と教えてもらい、ゆきあつとあなるが話していた後ろでこっそり聞き耳をたてていたつるこのシーンを見つけることが出来ました。いやー、温かい住民の皆様、嬉しかったです。


f:id:tel_01:20151005223647j:plain

ここを通りぬけ少し歩いたところに神社発見!


f:id:tel_01:20151005223426j:plain
f:id:tel_01:20151005223433j:plain

いやー、想像以上に神社はこじんまりとしてましたが、アニメに出てきた場所を目の前にすると変な感動がありますね。これはぜひ皆さんにも感じてもらいたいです。


そんなこんなであの花の聖地はだいたい見ることが出来ましたので、次はここさけで出てきた神社に向かうことにしました。拓実と順が神社に登る階段に座って携帯を使い会話していたあの場所です。


とりあえずあの花の神社から西武秩父駅まで徒歩で戻り、秩父鉄道に乗って隣の「御花畑駅」で降り、山側へ徒歩で20分位歩きましたかね〜。本当に住宅街の細い道の途中にひっそりと神社がありました。


f:id:tel_01:20151005224054j:plain
f:id:tel_01:20151005224138j:plain


ここで順が携帯ポチポチしてたんだなぁと感慨深い気持ちになりました。しかも着いたのが16時くらいでしたので、まさに映画で描かれていた時間帯と似通っていたためより嬉しかったなぁと思っています。


それから秩父駅に向かっていると「羊山公園」という看板がありました。そう、ここはあの花に出てきた見晴らしの良い高台です。


f:id:tel_01:20151005224421j:plain
f:id:tel_01:20151005224442j:plain


ただ、結構急な坂を登らなくちゃいけないので疲れます。まぁ、行った日は比較的涼しかったので暑くなかったのが唯一の救いかもしれません。


そして、羊山公園から20分ほど歩き西武秩父駅に到着。特急券を購入しご当地メニューでも食べて帰るかとこんなB級グルメを食べてきました!


f:id:tel_01:20151005224707j:plain
f:id:tel_01:20151005224732j:plain


わらじかつ丼、ボリュームが凄かった。。。しかも特急の出発時刻が迫っていたためたった4分で食べなくちゃいけなかったんです。なので一気にカツから漬物からお味噌汁まで全部口の中に放り込んだため、味も何も覚えていないですね。残念。


この時点で特急出発まで後5分。まだ時間がある!そんなこんなで「ここさけ(ここ酒)」を購入し特急に飛び乗りました。


f:id:tel_01:20151005224948j:plain

と、かなりの慌ただしい聖地巡礼でしたが、とにかく楽しかった! 大好きなアニメの舞台を自分で歩いてみる、たったこれだけですが、それがほんとうに楽しかったんですよ。また、街全体でアニメを応援している感じや住民の方との交流などなど、秩父という土地とアニメが本当に好意的に調和している雰囲気は行ってみないと感じられない良さだと思います。


ぜひあの花・ここさけファンは一度は西武鉄道に乗って遊びに行ってみてください!


<ルート>
西武鉄道】池袋→飯能→西武秩父(772円)
秩父鉄道西武秩父秩父(170円)