読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】劇場版ラブライブ! The School Idol Movie 〜テンポの悪い雑なぶつ切り映画〜

映画感想

f:id:tel_01:20150613121418j:plain


「劇場版ラブライブ! The School Idol Movie」観てきました!


8時40分から公開のかなり早いタイミングで観てきました。劇場は私が都内で最も好きな映画館「TOHOシネマズ日本橋。いつもは落ち着いた雰囲気で包まれた空間なんですが、今日は朝から熱気と蒸し暑いむさ苦しさ満開の空間になっていました。いやー、ガチなラブライバーすげえ。

そして、グッズを買って帰っていく人多数。映画よりもグッズですか。ま、それは置いといて、私はグッズに目も触れず館内の自分の席へ即座に移動し映画を今か今かと待ちましたよ。

はっきり言って見に行く予定はなかったんです。そんなに見たいと思わなかったし、そもそもDVDでいいや、とすら思っていました。でも、昨日なんとなく見ようかなぁという気になって思わずチケットを衝動買い。そして先ほど見終わり感想を書いています。

ではでは、劇場版ラブライブ!の率直な感想を多少のネタバレ有りで書いていきます!











※1.多少ネタバレがあります。ラブライブの熱烈なファンの方は読まないほうがいいかもしれません。そこそこのファンで映画の内容をざっくり知りたいという方はぜひご覧ください。

※2.劇場版ラブライブの数ある高評価の感想ブログとは違い、映画が「微妙」「むしろダメ」という立場で書いています。なので、こういったことを気にされる方は読むのを避けたほうがいいかもしれません。










f:id:tel_01:20150613121439j:plain

感想を結論から言います。微妙でした。なんというか、ぶつ切りのシーンを雑につなぎあわせたテンポの悪い映画でした。さらに、終わり方も「えっ? これで終わりなの???」と余韻も何もないまま終わったなぁという感じ。カラフルで華やかで見ていて楽しい映画でしたけど、内容や演出、ストーリー展開がダメだったので全体的に雑な印象を感じています。

CMや予告編で海外に行ってLIVEをするという序盤の展開はなんとなく知っていましたが、そもそも海外でLIVEをやる意義を感じませんでした。だって、海外のオファー元のスタッフ等一切絡みがなく、海外で練習してる中で通行人に話しかけられたり、穂乃果がみんなとはぐれたと思いきやたまたま出会った日本人のお姉さんに連れられてホテルへ送ってもらったり、コメを食べたりといつもの展開が繰り返されただけですもん。

そして、いつの間にかLIVEが行われたら観客や主催者と一切絡まずフェードアウトし、次のシーンは帰りの飛行機の中。ちょっと雑過ぎですね。それに、海外編全体が「けいおん」の劇場版アニメとかなり似ていたのが気になります。そしてけいおん劇場版のほうが何十倍も良かったです。

日本に戻ってきたら次は「スクールアイドルを続けるか否か」という問題の話になります。3年生が卒業した後μ'sはどうするか? という若干シリアスめいた話と、ラブライブがドームで開催される予定だからアライズと一緒に盛り上げて欲しい、というファンや運営側の期待との間で揺れ動く気持ちや迷いが描かれていました。でも、さすがはラブライブ!アイドルマスターのような完全シリアスな展開ではなく、ところどころにユーモアが散りばめられた演出が光り、結構笑えるシーンも多かったなぁと感じています。

そうこうしているうちに、日本中のスクールアイドルたちと一緒にLIVEをするぞ! と穂乃果が言い出し、アライズもそれに乗り秋葉原の街中で盛大なLIVEが開かれます。なんというか、大掛かりな演出とカラフルで華やかな曲とダンス、見ていて非常に楽しかったんですけどやっぱりストーリーがダメなのでなんか曲やダンスの良さが浮いた感じになっていました。

というか、μ's以外のバックで踊っていた大勢のアイドルたちが完全モブ。アライズでさえモブ。全員で歌って踊る展開はしないほうが良かったと思います。ちょっと雑な演出だったように感じますね。

急に企画が立ち、いつの間にかLIVEが秋葉原の街なかで作り上げられ当日を迎えるまであっという間。TVシリーズなら苦労して組み立てていく「過程」がしっかりと描かれていましたが、それが省略されていたせいか中身の無いスカスカなストーリーだなぁと思わざるを得なかったんですよ。

そして最後、スクールアイドルたち全員で歌う曲とは別に最後にμ'sだけで歌いたいと真姫ちゃんが作った曲で物語が締めくくられます。ただ、この曲に至るまでの導線が微妙だったし、曲が終わると同時に閉幕するのですがそれも唐突。これはもしやスタッフロールが終わった後何かあるに違いない! と期待していたのもつかの間、劇場の明かりが無情にも灯され退場を促されました。


ただ、かなり楽しい映画でした。もう一回見てもいいなぁとも感じています。なので、来週もう一回見てそれで終わりにしようかなという感じでしょうか。


あと、秋葉原の街が映画にたくさん出てきたのは面白かった。特に「mAAch マーチ エキュートはよく行くのでなんか身近な場所が映画で描かれてるっていいですね。


f:id:tel_01:20150613121624j:plain


そして映画が終わった後、すぐさま秋葉原へ行って映画の半券を渡すとラブライブ!グッズと交換してくれるっていうキャンペーンに参加してきました。いろんなお店が協賛しているみたいでしたが、たまたま目についたアニメイトで交換しまして。


f:id:tel_01:20150613121407j:plain


これは海未? こんなポストカードと交換してくれるのがアニメイトです。他のお店では別のアイテムと交換してくれるので行ってみるといいですよ。ちなみに左上のカードは映画の入場者特典です。来週は1年生?のミニ色紙のようで。来々週は2年生のミニ色紙・・・アイドルマスターの時みたいな悪どい商売してはりますわ。行きそうで怖いけど。


といったのが見終わった後の率直な感想でした。ではでは。