TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 ~もっと面白く作ってくれよ!待ってたのに!~

f:id:tel_01:20170702210313j:plain


Yahoo!映画でもレビューを書いているのですが、そこで得点を星1つにしています(星5が満点)。


なんというか率直な感想は「面白くありません」でした。ただ、魔法科高校の劣等生の小説やTVアニメシリーズ、マンガなどを楽しんできた方なら、ファンディスク的な位置づけとして楽しめると思います。あくまでファンディスクです。「よくわかる魔法科」的位置づけ程度だと感じました。


そもそも山場もなくオチも弱い。大きな危機があるかと思いきやそうでもなく、結局前説明が弱いまま「流石ですお兄様」状態で終わります。え、ホントに山場もオチもないこの状況で映画終わっちゃうの???とキョトンとしたくらいです。


私自身、小説は発売日に購入し速攻で読み込んでますし、アニメ、マンガも4コマも含めて全て見ています。パシフィコ横浜で行われたイベントにも参加しました。かなりのファンだと自負していますが、そんなヘビーなファン目線でこの映画を評価すると、「駄作」「映画の無駄遣い」「というか適当に作ってないか?」と怒りさえこみ上げるほど面白くなかったのです


せっかく映画を楽しみに待っててやっと見に行けたのにこのザマ、映画なんか作らず、アニメ第2期をさっさと作ってください。追憶編、来訪者編、欲を言えばその先もアニメ化してくれるとうれしいです。


とりあえず、この映画については観に行く価値がない駄作、レンタルで十分です。



※良かった部分は、水着シーン、お風呂シーン、、、だけです。


【映】劇場版名探偵コナン から紅の恋歌〜主役は和葉と平次〜

f:id:tel_01:20170502170157j:plain


トーリーや演出、仄かなラブストーリーは毎度おなじみと思いつつもかなり良かった。冒頭に出てくる大きな事件から、平次をめぐる女の戦い、そしてクライマックスのコナン・平次側の戦いと和葉側の戦いに繋がるストーリーの流れがとにかく面白かった。


正直冒頭は子供だましの映画だろ?と思っていましたが、いつの間にか物語に引き込まれ、瞬きをする暇さえ惜しむくらいハマっていました。


また、登場人物の「大岡紅葉」は可愛いし巨乳だし平次のことを未来の旦那さんと言いつつ和葉を挑発する感じも、それに対抗して負けへんでー!と意気込む和葉も可愛い。。。この映画は和葉と平次の映画と言っても過言ではないですね。


肝心の謎解き・推理的な部分は、百人一首のある歌を元に数々の事件が起こり、それらを追いながら犯人を突き止める、というもの。私自身百人一首はよくわからないけど、京都という雰囲気とかるた部という部活、恋の和歌が上手く映画の基礎となり、終始いい気分で見ることができました。


ただ、この手の映画に多いけど、どうして本業声優以外の人をキャスティングするんでしょうね。とにかく「ド下手」だし、あまりにも「演技に違和感を感じすぎ」てそのキャラが出てくるたびに映画の世界から現実に引き戻されます。そして覚めて冷める。どんなに素晴らしいストーリーと映像表現があっても、こういう演技があるだけで映画の評価はだだ下がりです。


まぁ、エンターテイメント映画としては最高級の面白さなので見る価値はあります!オススメ!!


【主】宗教の恐怖 〜これって虐待じゃない?〜


小学5年生くらいだったかな、親戚に半強制的に誘われとある宗教の集会に参加させられました。当時は何もわからず「ためになる話が聞けるから行こう」というノリで連れて行かれましたんですよ。親も親で「集中力を身につけることができる」という意味不明な動機で行くよう命じられたのを今でも覚えています。


その宗教はキリスト教的な何かで、宗教名がエホバの証人。土日に「王国会館」という建物で聖書の内容を誰かが持ち回りで公演する、という集会が行われていました。内容は覚えていませんが、思い出そうとするたびに寒気がするほどの気持ち悪さを感じるので、あえて思い出そうとはしません。


確かその集会の流れが、始めに賛美歌?を歌って、お祈り?して講義があって第一部終了。第二部が研究会?だったかな。様々な問題に対し聖書の内容から解決方法を見出す、みたいなものでした。これが終わると、親戚の車に乗って帰るという流れでした。当時は小学生ということもあり、さらに周りがほぼ全員大人なので、寝たら怒られる、メモしなきゃ怒られる、という変な強迫観念にかられかなりしっかり講義を受けていましたね。周りからも、熱心だなぁと思われていたんじゃないでしょうか。


毎週毎週地獄のような時間を過ごさねばならず、徐々に病んでいく小学生の私。勉強することも遊ぶことも何もかも嫌になり・・・といういわゆる鬱の一歩手前まで行ったんじゃないかと個人的には感じています。


さらに嫌なこと、不幸は連鎖するんですよ。何かというと、その「王国会館」内で様々な知り合いに会ってしまったんです。例えば通っていた小学校の先生。担任ではなかったのですが、王国会館内で見つけられてしまいその後は学校でも話しかけられ色々と気持ち悪い宗教の何かを教えられる始末。これは本気で困りました。さらに、まさかの同級生(小学生)にも会ってしまいました。そんな同級生からは「一緒に行こうよ!」と誘われ普段行かない日に誘われ参加することになってしまう、という状況に。拷問ですよ拷問。


余談ですが、エヴァンゲリオンでアスカが「精神汚染」されるシーンがあると思うのですが、私がそんな精神汚染を2年間緩やかに毎週喰らわされていたわけですよ。


ここからは、項目ごとに宗教の恐怖を掘り下げていこうと思います。


☆苦痛だったこと

1.親戚の車の中
これが最も苦痛で、ずっと延々と集会の録音テープを流してるんですよ。神がどうたらとかエホバがどうたらとか、、、気が狂う一歩手前まで追い込められました。しかも、こんな生活をまさかの2年ほど続けさせられました。小学生にはかなりキツイ内容だった上に、丁度そのころに自分の性格や考え方が固まる時期でもあったので、かなり問題だったのは言うまでもありません。だって、毎週狂ってる人達と会わなくちゃいけないなんて、大人である今でも嫌なのに、子どものころの自らの意志でどこにも逃げ出せない状況下では受けるダメージが違います。

今ではもうこの親戚と一切の縁を切ったのでこういうことはないのですが。あの頃の経験が無ければもっと良い性格になれたんじゃないかなぁと思ってしまうんです。


2.勧誘
上でも書きましたが、集会は2部構成で前半の講義と後半の研究会に分かれています。私は基本前半が終われば帰るようにしていました。でも、後半の研究会へ行こう行こうと親戚や親戚の子ども(ほぼ同級生)が誘ってくるわけです。何度か参加はしましたが、無理やり発言させられたり気持ち悪い表紙の冊子をもらったりと踏んだり蹴ったりでした(冊子のタイトルが、目覚め?塔?みたいな感じでした)。



☆気持ち悪かったこと

1.王国?
この宗教の信者たちは「王国」というワードに敏感でした。会場名は王国会館。そして聖書にもそういう単語があるのかな? ま、信仰については何も口を挟むつもりはありませんが、個人的な感覚で言うと常軌を逸していると思いました。そう思ったのは、通常の集会ではなく大きな会場を使った大々的な集会に参加させられたときですね。その会場はどこぞの体育館みたいな大きなホールで、多数の信者?が聴衆となり公演を聞く、といったものでした。

そこで聞いた驚くべき内容。それは、


講演者「神の王国を信じ続けましょう!」(うろ覚えですが)

聴 衆「わーわー(拍手と歓喜)」


このやりとりがあまりにも気持ち悪くて異常すぎて精神的におかしくなりそうでした。いやおかしくなりました。神?王国?こいつらは何を言ってるんだ?狂ってるのか?と本気で思いました。今でも過去のことを思い出すたびに、狂った異常な集会だったなぁ、と感じます。集団でトランス状態になり神とか王国と行ったワードに反応しテンションを上げて悦ぶこの集会、生理的に受け付けません。よく小学生の私は素直にその会場内で座っていたなぁと思います。


2.笑顔
これは思い出すたびに吐き気がします。王国会館に行くとスーツに身を固めた大人たちが笑顔で握手を求めてきます。もう、その笑顔が気持ち悪くて気持ち悪くてこれが一番のトラウマですね。当時、夢の中で「笑顔で握手を求めてくる大人たちの集団に囲まれて泣き叫ぶ私」を何度も見ました。この経験から私は、信者の日本人は生理的に受け付けなくなりました。


3.祈る親戚
この宗教の課外活動か何かで、外でバーベキューをする、という会合に参加させられたんですよ。森の中の会場で焼いた肉を食べようとすると、親戚が急に目をつぶり手を合わせ瞑想?しだすんです。こいつら何やってんの?気持ち悪い、と拒否反応を示してしまいました。小学生のころだったので何も言えず気持ち悪いとも言えず、無視をして肉をむさぼり食べたことを今でも覚えています。


とまぁ、逆らえないし世間を知らない小学生だった私が虐待された経緯がこんな感じです。まぁ、2年ほどこんな集会に行っていましたが、徐々に拒否し始めて完全にこれらの宗教とは距離を取ることができたんです。あの頃にもっと度胸と人間関係のドライさを持ち得ていたらこんなことにはならなかったのになぁと少し後悔。


余談ですが、大学生になり色々とこの宗教について調べていたら、いろんな事件や騒動、訪問勧誘等々気持ち悪いことこの上ない現実が見えてきて、過去の2年間を消し去りたい衝動に駆られました。信教の自由は保証されていても、判断できない状況下で宗教を強制されるのは虐待と言ってもいいんじゃないかと感じます。


というわけで、皆様も「宗教」には気をつけたほうがいいですよ〜


「エホバの証人」の悲劇―ものみの塔教団の素顔に迫る

「エホバの証人」の悲劇―ものみの塔教団の素顔に迫る

【主】嫌な飲み会を上手く断る3つの方法

人生がうまくいく人の断る力

人生がうまくいく人の断る力


新社会人の皆様。組織には「飲み会」至上主義者が必ずと行っていいほど存在します。どんな仕事や人間関係の悩みも、飲み会に行けば解決する。難しい仕事やアイデアは飲み会で決まるんだよ、といった妄言を吐くオトナがやっぱり何名かいるんです。どんな巨人よりも気持ち悪くて駆逐できない奴ら。そんな「奴ら」に懐柔されないよう振る舞い、自分の時間を確保する対策をお教えしましょう。


まず始めに、私自身は飲み会好きです。友達や自分が好きな集まりで行く飲み会は率先して参加する方です。なぜなら、こういう機会を大事にすることで交友関係を増やせますし、普段出会わないような業界、業種の人と顔なじみになれるからですね。だから、苦手なお酒も克服できるようちょくちょく飲んでみたりはしています。


でも、会社の飲み会だけはどうしても好きになれない。。。同じような話題、組織内の人間のうわさ話や人事異動の話、変な説教。だから断り続けているんです。基本飲み会には参加しない。そんな空気の読めないヒトになっちゃってます。しかし、どうせ断るならよりエレガントに、よりスムーズに断りたいですよね。 というわけでエレガントな方法を3つ考えてみました。



1.自転車で通勤する
お酒飲んだ後使用しちゃダメ!と法律で明確に決められている手段をとることで、よりエレガントに断ることができます。例えば自転車。飲酒運転はご法度。自転車乗りとしてそれだけは絶対許せない。ヘルメットを被り、交通法規を遵守し、気持よく快走するのが自転車乗りの本来の姿。だからこそ、はっきりとお断りすることが可能となります。断る際の正しいセリフは「(爽やかな笑顔で) 今日、自転車通勤なんで (キリッ」でほぼ大丈夫。きっとしょうがないやつだな、って思ってくれるでしょう。


これで、嫌な飲み会でアルコールを含んだ液体を摂取すること無く、アフター5を心置きなく自由に過ごすことができます。時間、そして健康な体の維持にもこの方法は有効なんじゃないでしょうか。。。


2.用事をたくさん作っておく
私の場合、資格試験の勉強をしているので「今日も予備校で勉強するんで」というセリフで断ることが出来ています。また、各種イベントや各種勉強会にも積極的に参加しようとしているので、どんな場面で飲み会の誘いを受けても「今日、渋谷で勉強会に参加するので」と断ることができます。ま、いつも 「用事がある」 としか言いませんが、追求を受けた場合は、プライベートで勉強を積極的にしてるんです、と主張すれば大抵は見逃してくれます。


危険なのは、上記のようなセリフでキリっとしていても、いいから来い! と言われてしまう場合ですね。残業の多い閉鎖的な組織で働いている人の中には、プライベートでの趣味がなく、打ち込めるものがないって場合があったりします。そんな人達は決まって、部下は休みの日は暇に違いない、何もすることがないはずだ、と思い込んでいます。さらに、飲むことは勉強なんだよ、と考えている場合が多いです。このようなクレイジーな人からはとりあえず距離をおくようにしましょう。。。(私の経験上の話なので、必ずしもそうとは限りません。けど、結構そうだよね?)


というわけで、「用事」をたくさん作れるよう、様々なことに興味を持って勉強なり読書なり実際会うなりして自分の見識を広げてみましょう。そうすれば、職場以外の自分の居場所、世界を作ることが出来るんじゃないでしょうか。


3.体調を悪くする・悪く見せる・悪いと偽る
今日、体調悪いんだよね・・・ という気分に「なる」ことです。誘われそうだなぁ・・・と危険を察知したら、「うぅぅ、頭痛い・・・」と声を出して周りの同僚に話しましょう。そうすれば、残業も少なく思わず早く帰れるかもしれません。でも、一つ注意事項があります。この方法はある意味最終手段です。5回に1回くらいのペースで使うようにしましょう。毎回毎回頭痛だったり腹痛だったりすると、どこからともなく疑念をふっかけられるかもしれません。5回に1回です。ここは十分注意してください。


また、残業のしすぎで「寝不足だから帰ります」、という方法もあると思います。でも、これにも注意点があります。「一生懸命仕事してくれたから、飲みに連れていってやろう」とその人の価値観でねぎらおうと考えている人もいるってことです。「飲むこと=癒し」と考えている人はかなり多いです。こんな勘違いさんもエネミーです。ドラクエで言うところの「カンダタ」クラスの敵です。早く倒して黒胡椒を奪いましょう。



と、3点私なりに対策を考えてみました。でも、現実はなかなか上手く運ばないものです。断るのが難しい場面にも遭遇したりします。だから、頑なにすべて断る、というスタンスから一歩レベルを落とすことも大事なのかなって思います。たまには参加する、耐え忍ぶことが必要ですが、8割程度断るためにも2割は妥協する必要があるのかもしれません。


だから、「断ること」を覚えなさい! (PHP文庫)

だから、「断ること」を覚えなさい! (PHP文庫)

モノが減ると、家事も減る 家事の断捨離

モノが減ると、家事も減る 家事の断捨離

断る力 (文春新書)

断る力 (文春新書)

小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック

小心者でもサラリとかわせる「断る」心理テクニック

「NO」と言えれば人生は開ける! ―断る力で人生を好転させるアサーションの方法

「NO」と言えれば人生は開ける! ―断る力で人生を好転させるアサーションの方法

【映】ゴースト・イン・ザ・シェル 〜北野武の無駄遣いじゃないか?〜

f:id:tel_01:20170409142609j:plain


感想を一言で言うと、そんなに面白くありませんでした。というわけで一つ一つ振り返ってみましょう。


1.物語
全編通して暗くて陰気な内容。ま、それは予想通りなんですか、なんというか爽快な感じや盛り上がる感じがほぼ無く、隠された秘密が明らかに!とか敵を追い詰めて行く激しいアクションなどなど、そういうのがあまりなかったのは残念です。


2.配役
素子(ミラ少佐)やバトーはバッチリな配役だと思います。原作の雰囲気そっくり。荒巻は、、、うーん、北野武にする必要あるか?という感じ。確かに北野武が出てるから映画見よう!と思ったことは否めませんが、英語も話さない、日本語も聞き取りづらい、さらにあんまり活躍しないのでミスキャストだと感じてます。トグサは、まいっかぁという感じ。


3.演出・映像・音楽
北野武が1人だけ日本語を話しているのも少し違和感。製作会社に中国系企業が連なっているせいか、映画全編を通して中華系の雰囲気を彷彿とさせる何かが漂っているんですよね。

別に素子さんが白人女性でも別に構わないし、完全ハリウッドリメイクで豪華で綺羅びやかな映画になってれば全く問題ないと思ってますよ。でも、そんなに迫力ある映画かと言われればそんなことはないし、無理やりハリウッドと中国と日本の主張をそのまま詰め込んだ意味不明な映画に成り下がっているような気がします。

さらに、最後の戦闘シーンなんか興ざめ。ネタバレは極力排除しますが、まさかの展開。もっと迫力ある素子やバトーたちのガンアクションが見たかったのに、そんな敵出てきますか!?という感じ。原作をそこまで深く知らないので的はずれな意見かもしれませんが、個人的には微妙でした。最後の最後の北野武もね。

印象的なシーンは、冒頭のビルから飛び降りて窓を突き破り、、、というシーンくらいですよ。あ、音楽は全く印象に残ってないので星1つです。


という感じの印象です。世界観や雰囲気、キャラクターは大好きな作品なんですが、そこそこ別物の作品だと考えた上で見に行くのがベストだと思います。


最後に、この映画のおすすめポイント!

スカーレット・ヨハンソン(素子)がすごい美人。。。
・バトーがそっくり。
・荒巻が北野武(これ見たい人多いよね?)


攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017

攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017

【主】生命保険勧誘は一言目でバッサリ断る私

昼休みになったら、毎日のように現れ部署内を徘徊し話しかけてくる女性たち。そう、生命保険のセールスの方々です。周りの同僚たちは適当に聞きつつ応対したり、色々と比較検討している風を装ったり、、、と皆さん忙しいなぁって思っちゃいます。


そんな中私はと言うと、一切そういう生命保険の方々とは会話も応対もしません。ファーストコンタクト時、相手が何か言う前に「保険商品、金融商品一切契約しません」と明確にお断りするからです。しかし、さらに食い込んでくる場合もあります。例えば「なぜですか? 他の保険会社を利用されてるとか?」こんな感じ。そう来たらこう返しています。「理由は特にないです」。こう返されると何も言えなくなるからです。さらに話しかけてこられたら無視します。


こんなぞんざいな対応をしていたらいつの間にか一切生命保険会社の方からスルーされるようになりました。でもこの対応、最も感謝される対応だと思うんですよ。なぜなら、営業の方が一番判断しにくい部分を一言目で明確にしているからです。


保険会社の方は、営業先の人達が下記3つのどれに当てはまるのかを瞬時に判断することがおそらくは最も大切だと思うわけです。

1.契約してくれる客
2.契約するかしないか不明な客(もしかしたら契約してくれるかもしれない)
3.契約しない客

この3つ。1なら、どんどん積極的に営業をかけて丁寧にケアして契約に結びつければいいんです。だって、契約成立する可能性も高いし接客時間をかける意味もあります。また3なら、その後一切関わらなければいいんです。いくら話そうが資料を作ろうが契約してくれないんなら、その人にかける時間全てが無駄になるわけです。早々にターゲットから除外すればいいわけですよ。


ただ、問題なのは2。頭のなかでは契約する気なんて全く無いけど、ハッキリと言うことが出来ないからニコニコしつつ説明を聞いてしまう客。毎日毎日生命保険会社の方から説明を受け、資料も作ってもらったけど契約するなんて考えてもいないから、話はずっと平行線。でも、勧める側からすれば、契約できる可能性があるのではないかと考えてしまうので、どんどん営業かけようと思ってしまいます。


このタイプ2の客が一番厄介なわけです。そして、私の同僚はほぼこの2でした。ま、悪いというわけではないし、こういう人かなりたくさんいるのでなんとも言えませんが。。。ただ、私は相手の貴重な時間を奪うのが嫌だったし、無駄な時間を増やしてしまうことに罪悪感があったので、断固として一言目にお断りするようにしていました。


そんな私、生命保険の何を知ってるんだ?と聞かれても何も答えられません。死んだらお金貰えるんでしょ?くらいの認識です。でも、なんで親世代は生命保険をありがたがってるんでしょうね。もはや生命保険教という宗教団体に入信してるんじゃないかってくらい異常さを感じます。保険商品の内容なんて全く説明できないのに、保険会社の方の感じが良かった、とか親戚から勧められてるから、とか変な人間関係や義理、人情で契約してる場合が物凄く多いし(私のイメージ)。


なんか変なモノですよね。保険ってやつは。


生命保険は「入るほど損」?!

生命保険は「入るほど損」?!

生命保険のカラクリ

生命保険のカラクリ

生命保険のウラ側 (朝日新書)

生命保険のウラ側 (朝日新書)

【趣】『この世の果てで恋を唄う少女YU−NO』がリニューアル!号泣。。。


この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がPS4でリニューアル! 15年前くらいにセガサターンでプレイして感動に打ち震えた超名作が時を越えてまた遊べるなんて夢のようです。15年前のプレイ時は内容が高度すぎてすごく楽しめたは楽しめたのですが、内容が理解できず流してしまった部分も結構あるんですよ。なので、あらためてリニューアルされたゲームで一つ一つのシーンをじっくりと楽しみたいなと思っています。


私はこのゲーム原作者である「菅野ひろゆき」さんの大ファン。私にとって神様以上の存在です。そんな菅野ひろゆきさんの3大名作が『EVE burst error』『DESIRE』そして『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』だと個人的に思っているのですが、これら3作品はアドベンチャーゲームの面白さを何倍にも増幅させた斬新かつ高度な仕組みが導入されています。マルチサイトシステム、A.D.M.S.(Auto Diverge Mapping System)。。。ま、調べてみてください。色んな所で絶賛されてますので。


そんなゲームの仕組みはもちろんのこと、シナリオの奥深さ、様々な理論や学問が織り込まれた知的好奇心の固まりのような一言一言がとにかく面白い!さらには菅野さんが描くお調子者の台詞回しは今でもお腹を抱えて笑ってしまいます。数学、物理学、考古学、心理学や宗教学、さらには重火器や政治などなどの知識を物語に分かりやすく面反映させたシナリオ構成は素晴らしい。いろんな事を勉強させてもらいました。


特にこのYU-NOは、複雑な人間関係と研究内容に引き込まれ、次に何が起こるかわからない緊迫感溢れるシーンに恐怖を覚え、何度も何度もこの場面で必要な情報は何か?と悩みながら紐解いていく面白さがたまりません。主人公の間の抜けた台詞の数々も、ちょこっとHな展開も、BGMも全てが面白い。単なる選択肢を選んで進めていくだけのアドベンチャーゲームとは違う、未だに新しい可能性に溢れた最高のアドベンチャーゲームだと思っています。20年前くらいに出たゲームですが、今になってもこのゲームを超える仕組みを搭載したアドベンチャーゲームは見たことがないですね。


ただ、ネガティブな事を言うと、このゲーム相当難易度が高いです。攻略サイトが無いとクリアはほぼ不可能だと思います。とあるシーンまでたどり着いたけど、そのシーンに必要なアイテムを持っているかどうかでシナリオが分岐するし、そのアイテムを手に入れるには別ルートで物語を進めないといけなかったりするし、わざわざ別ルートを進めていてもいつの間にか更に違ったルートに入り込んでいることもあるし・・・という袋小路を何度も繰り返す必要があるからです。はっきり言ってめんどくさいゲームなんですよ。


でも、その面倒くささを超える面白さがあるので、ぜひリニューアルした今過去の超名作エロゲを多くの方にプレイしてほしいです。オススメ!


※マルチサイトシステム
ゲームをプレイしてみないとこの仕組の面白さ、奥深さが分からないのですが、簡単に言うと同じ時間軸内にある二つの視点が交互に影響し合って物語が進んでいく、というか影響をさせ合わないと物語が進まない仕組みがマルチサイトシステム。ある一方の視点の目の前で事件が起こっているとすると、もう一方の視点ではその事件を引き起こしている場面が映し出される、みたいな感じ。



↓そんなマルチサイトシステムが使われている菅野ひろゆきさんの超名作はこちら↓

EVE burst error R

EVE burst error R


菅野ひろゆきさんの名作の数々↓

探偵紳士DASH! (初回限定版)

探偵紳士DASH! (初回限定版)

エクソダスギルティー ネオス

エクソダスギルティー ネオス