映画大好きTEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【映】ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ~何が面白いのかわからなかった~

f:id:tel_01:20181124155630j:plain



※前作見てません & ハリーポッター1作目以外を観たことがありません



面白いと感じたのは、始まってすぐの空飛ぶ馬車内で繰り広げられた豪快な脱獄劇でしょうか。それ以外は冗長すぎるストーリー、よくわからない登場人物、盛り上がりに欠けるアクションシーンだったので、面白さを感じる前に映画が終わってしまいました。


その上、物語は続くこと前提なのかな? オチも弱いしただただ長いだけの退屈なストーリーの繰り返しという印象です。あまりにも面白くないし映画に入り込めなさすぎて頭痛がしてきました。


そもそも主人公のニュートがキーマンみたいな扱いをされていたけど、強いのかそれとも知識が膨大なのか前提情報がなかったので感情移入できず。まぁ、それは「前作を見ろ」って話なのかもしれませんが、ここまで大作で有名で広告費をかけている映画なんだから初見でもある程度面白いんだろうと信頼してしまった自分が悪いんです。


ストーリーも、いきなり現れたジョニー・デップが扮する悪役の魔法使いが大した動きをするでもなく危険視されていて、これまた急に出てきた「ダンブルドア」って人がニュートに指令を与えたと思ったら、魔法省の偉い人たちに今度は魔法を制限され・・・と、内容がわからないままどんどん物語は進んでいきます。


その間も、海外へ行くことを禁止されているニュートが一般人(魔法を使えない人)と婚約者を探しに動き出して・・・なんというか、一つの映画の中に複数の物語が同時に走っているため、初見の私のような人間からすると全体像を捉えることができない状態に陥るんです。魔法が使えればいともたやすく映画を楽しめるんでしょうけど、私はマグル(魔法が使えない人)なのでくるっと杖を振って楽しい世界へ行くことは出来ませんでした。


まぁ、私自身ハリーポッター1作目自体面白いと思えなかったので、こういうヨーロッパが舞台の魔法ファンタジー物語ってのは好きではないのかもしれません。なので、あくまでこのレビューは一意見として捉えていただけると嬉しいです。



『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』魔法映画への旅

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』魔法映画への旅

【映】ボヘミアン・ラプソディ ~最後のライブシーンで号泣~

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)


私自身Queenを全く知らない世代です。知ってる曲は「We will rock you」「We are the champion」の二曲くらいです。そんな私でも最後の最後で号泣。頬を流れる涙を止めることができませんでした。


映画自体はよくあるストーリー。デビューしてうまくいってたけど、途中で主要メンバーが傲慢になり内紛が起きて解散寸前。最後の最後で絆を取り戻してラストへ、という内容。でも、なんというか重みが違うというか凄まじい人間模様というか、楽曲が素晴らしすぎるというか… もうスクリーンからいっときも目を離せませんでした。


特に主人公でありQueenリードボーカルフレディ・マーキュリーの人間味がリアルすぎました。生まれや人種、容姿(出っ歯)、セクシャリティ(ゲイ)など短い時間の中で思いっきり織り込まれており、様々な葛藤が華やかな舞台との対比で絶妙に描かれていました。


と思いきや、アルバム内の曲「ボヘミアン・ラプソディ」という曲が6分を超えるということでシングルカットを強硬に拒むレコード会社側と、絶対にいける!と自分たちの作品を世に出したいバンド側の攻防や、フレディ・マーキュリーがソロデビューすることをメンバーに告げたときの不穏な空気など、音楽活動・お金・人間関係といったものが超リアルすぎ。華やかな裏にはこんな殺伐とした現実があったんだなぁと初めて知りました。


そして物語は終盤へ。フレディ・マーキュリーエイズを患っているという現実を告げられた瞬間、そしてバンドメンバーに告げる瞬間。重く儚く切ないシーンを観たかと思えば、次の展開でライブエイドへ。


ライブエイドに行く前に立ち寄った家族の元での父との会話の場面ですでに私は大号泣。そこから怒涛、そして圧巻のライブシーン!1曲目から鳥肌立ちまくり!涙出まくりでボロボロ! そのあと21分間、私達TOHOシネマズ日比谷IMAX上映館の観客全員はあのライブスタジアムに間違いなく行っていましたね。


最後のWe Are the Championsは、ここまでの映画のストーリーが全て押し寄せてくる感動と、フレディ・マーキュリーのこの瞬間の重すぎる思い、エイズであると知ったバンドメンバーたち、短い命を悟ったこの刹那すぎる状況があまりにも壮絶で感動するしかない、そんな場面だったと思います。


ほんとに良かった。映画が終わったあと、思わず拍手が劇場内で鳴り響くなんて久しぶりに体験しました。いやー、面白かった、凄かった、この映画は映画館で観るべき映画です。可能であればIMAXDOLBY ATMOSといったより良い音響設備がある映画館で観てほしいですね。


時代が変わっても色あせない音楽たち、そして時代時代で多くの人たちが一緒に音楽を育ててきたことが今の感動に繋がっているのだと思います。ボヘミアン・ラプソディは今だからこそ観るべき、そんな映画だと思いました。


※映画内の曲、タイトルがわからないから調べることもできないのが辛い…


ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

Queen Rock Montreal & Live Aid / [Blu-ray] [Import]

Queen Rock Montreal & Live Aid / [Blu-ray] [Import]

II

II

【映】ビブリア古書堂の事件手帖 ~前の「あれ」より数億倍面白い!~

f:id:tel_01:20181104141349j:plain


ビブリア古書堂の事件手帖って過去実写ドラマになってるんですよね。月9史上最低の視聴率を叩き出した「あれ」です。まぁ、あれは完全にミスキャストと大人の汚い都合ばかりが印象に残ってしまったんでストーリーを楽しむ余裕が全くありませんでした。というか、あれは単なるド素人が作ったスピンオフだと思っています。


で、今回のビブリア、個人的にはとても面白かったと思いました。とりあえず栞子さんが原作に忠実な雰囲気だったのでそれだけで大満足です。五浦大輔も栞子の妹文香も良いキャスティングだと思いました(前の「あれ」があまりにも駄目すぎたので評価が甘くなっているのかもしれない…)。


ストーリーは1巻の内容。謎の人物に階段から突き落とされた栞子さん。その事件の発端となったのは一冊の小説。栞子さんとアルバイトの大輔が
犯人を見つけようと奔走するってお話です。


物語の内容は大体知っているのですが、小説から感じるおっとりとした世界観、古書店と文芸作品とおしとやかなお姉さん、そして体は大きいけど争いを好まないアルバイト、レトロだけどなにか優しい、そんな絶妙に心地よい雰囲気を的確に魅せていたと思います。


そして事件の発端となった一冊の小説を巡って祖父たちの時代、そして今の時代という場面を交互に見せつつ真相を解明していく演出は楽しかった。確かに所々に甘いなぁと思えるような事件も続くんですが、それを補ってもあまり余るキャラクターたちの魅力や雰囲気がありました。


願わくば、この映画を観て原作小説を手に取ってくれる方が一人でも多くなればいいなと思います。前の「あれ」を見てショックを受け小説すら読まなくなった方も少なくありません。そんな方が少しでも戻ってきてくれるなら…


===================================
<補足1>
ワタシ的高得点のこの点数には
・「原作のことが好き」という補正
・前の「あれ」よりも数億倍面白い
というバイアスがかかっています。

<補足2>
前の「あれ」というのは、フジテレビ月9で放送された剛力彩芽主演の「ビブリア古書堂の事件手帖」です。
===================================


↓前の「あれ」↓


【映】ヴェノム ~ヴェノムってツンデレ。なんか可愛い~

f:id:tel_01:20181104134905j:plain


意外に面白かったってのが率直な感想。物語もそこまで重くなく、軽いストーリーに強烈なキャラクターやアクションが合わさって面白さを作ってるという映画です。


ストーリーは、宇宙からやってきた動物に寄生するゲル状?の生命体を使って人体実験を繰り返す財団にすべてを奪われた主人公が、ひょんなことから自身も謎の生命体に寄生されてしまい、激しく強い力を手にしてしまう、というお話。力を身につける、というよりは「ヴェノム」という生き物に寄生され、普段から自分の中のもう一人の自分と会話する、みたいな状態になっちゃうわけで。


始めは、ヴェノムに翻弄される上下関係だったんですが、アルシュ共存関係ではあるので、いつの間にか主人公と協力し合って敵を打倒していく面白さと爽快さがありました。


特に、たくさんの銃を手にした武装集団に包囲されたときは、自分の意志でヴェノムに変身?したり、ヴェノムに助けられたときに「ありがとう」と言ったらヴェノムが「どういたしまして」と話しかけたり。なんかカワイイんですよ。多分ツンデレですね。もうヴェノムが金髪ツインテールなお嬢様にしか見えない。


そして盛り上がるのが敵にも寄生する別のヴェノムの仲間たち。そんなヴェノムたちの戦闘アクションシーンはスピードにあふれていてわけわからないけどなんか凄い。ヴェノムになったり人間に戻ったり・・・これまでのMARVEL作品とはぜんぜん違う悪なのか正義なのかそんなことはどうでもいい強い意志を持った一人の敏腕ジャーナリストの苦悩と葛藤、そして力への渇望みたいな人間味溢れる面白さが有りました。


というわけで、この作品、かなり面白いです。そしてストーリーがいい意味でスカスカなので気づいたら観終わっている映画への没頭感を味わえます。もう一回くらい見に行っても良いなぁ。。。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴェノムバース MARVEL [ カレン・バン ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)

楽天で購入

【映】アンクル・ドリュー ~愛とジョークの詰まった白髪混じりの青春ムービー~

f:id:tel_01:20181016222113j:plain


試写会に当選したので観に行ってきました!


率直な感想を言うと、こんなにも爽快感あふれる映画は久しぶりでした! おじいちゃんとは思えないスピーディでトリッキーなドリブルやパス回し、迫力満点のダンク!鮮やかなスリーポイントシュート。。。それを白髪混じりのおじいちゃんたちが繰り広げるんですもん、そりゃインパクトは凄いですよ。若者たちを追い抜いていくギャップが爽快です。


物語は、何もかも失った冴えない男がバスケが得意なおじいちゃんと出会い、そしておじいちゃんやおばあちゃんといった仲間を増やし、バスケで成功するってお話です。


ここに出てくるおじいちゃんたちは一癖も二癖もある際者揃い。踊り歌う2メートルを超える神父や、目が不自由なおじいちゃん、武道家や車椅子に乗ったおじいちゃんまで出てきます。


そんな面々は映画の標題でもある主人公アンクルのかつての仲間たち。彼らでチームを作るのですが、ここにも色々と問題が発生して、、、と二転三転する物語はギャグ満載で飽きるところが見当たりませんでした。


最後はある種お約束展開ではありましたが、何というか変に感動させられるのも癪だなぁ、でも楽しい、そんな映画です。エンディングのスタッフロールも面白いし曲も良い。かなりおすすめな映画です。


ただ、惜しむらくはおじいちゃんだけどすごいプレイ!という部分に関するコート外の観客の驚きが少なかったかなぁ。ペプシのCMにもあるその演出がちょっと足らなかったかと思いました。


でも、総合的に見てかなりオススメなので、公開されたら真っ先に見に行くことをオススメします!


アンクル・ドリュー・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック

アンクル・ドリュー・オリジナル・モーション・ピクチャー・サウンドトラック

【映】フリクリ オルタナ ~「フリクリ」を観てないと怒っちゃうかも~

f:id:tel_01:20180908123050j:plain


いやー、前の雰囲気そのままに激しくて理不尽なアクションと青臭い青春模様と月見そば、最高でした。また、所々に挟み込まれるthe pillowsの思わずリズムを取りたくなる曲の数々が楽しかった。。。ただ、やっぱり内容は意味不明!


前作の「フリクリ」を観てないと、この内容を楽しめないどころか、わけわからない展開の数々を許せないと思います。ただ「フリクリ」ってやつは内容で感動したり心揺さぶられる系の作品なんかではなく、ハルコの意味不明で理不尽な暴力的アクションと、それぞれのキャラクターたちの流されつつも前向きにワイワイやってる描写を何も考えずに楽しむ作品なんです。そこに疑問なんて持ってはいけません。ただ、本能の赴くままに笑って踊って楽しむ、それがこの作品の最高なところです。


今回の「フリクリ オルタナ」は主人公たち4人を一人ずつそれぞれクローズアップした4つ?のパートをそれぞれ描きつつ最後にまとめてオチを付ける、という構成。ま、最後のオチはフリクリなので全てが解決するタイプでも何でもなく、意味がわからない状況のまま意味がわからない状態で終わる感じです。でも、それがいい。


ただ、フリクリを観たことがある人なら(そもそも観たことがないと今回の映画を観に行こうとは思わないでしょう)、途中で流れ出す「LITTLE BUSTERS」のイントロで多分痺れますし、ベスパが出てきたら懐かしさに身悶えると思います。フリクリが世に出てからもう18年くらい経った・・・という時間の流れをも一瞬でゼロ距離にしてしまえるほどのインパクトでした。


と、ダラダラ書いてますが、「フリクリ オルタナ」は「フリクリ」を知らないとはっきり言って意味不明だし怒る人もいるんじゃないかっていう不親切な内容です。なので、「フリクリ」を観て「あ、面白いかも…」と思ってしまったのなら大きなスクリーンでぜひぜひ鑑賞してみてください。ワタシ的には超オススメです!



※ただ、正直なところ前作「フリクリ」があまりにも面白すぎたし、あまりにも尖っていた作品だったので、今作の大人しさやまろやかさはちょっと違うかなと思いました。期待していた理不尽さや意味不明さ、激しい展開はなかったなぁというのが正直な感想。女子高生たちの青春模様はフリクリでやらなくてもいいのでは?と思ってしまいました。でも大好きなんですよフリクリ。だから思い出補正でそこそこ高い点数になっています。

プログレの予告を観ましたが、なんかこっちが期待していた作品っぽいのでこっちを楽しみにしています。



フリクリ DVD-BOX

フリクリ DVD-BOX

【映】雨に唄えば ~どんな時でもハッピーになれる映画~

雨に唄えば (字幕版)

雨に唄えば (字幕版)


何十回と繰り返し観た映画です。VHSで、そしてDVDで。そんな大好きな映画が2018年7月にTOHOシネマズの大きなスクリーンでまさかのリバイバル上映、一目散に駆けつけて鑑賞、感動で鳥肌が立ちました。


雨に唄えば」が好きな人しかいないあの空間で、みんなで笑いみんなで感動できた体験、忘れられません。それほどまでに多くの人の心を揺さぶる何十年も前の映画。これからも大切にしていきたいと思っています。


この映画は、ジーン・ケリーが夜雨の下で子供のような無邪気な気持ちで踊りまわるシーンが有名ですよね。でも、それはあくまでも一部。雨に唄えばはどちらかというとコメディです。


上流階級のような幼少期の自分を語る主人公のドン。でも実際は悪ガキでしかないというギャップはコメディだし、映画が無声からトーキーに代わる時代の変化とともにカラフルな衣装に身を包み素敵な歌声とダンスを披露する場面は上品なミュージカルのようでもあります。


ストーリーは王道のラブロマンス。俳優の成功と挫折。かけがえのない友との友情。可憐なヒロインと、そんなヒロインの才能を妬む自分勝手な大女優。そんな中で所々に挟み込まれるジョーク。テンポよく移り変わる場面の数々。完成度が高すぎるなぁと何度観ても感じます。


と、いくらでも語りたくなるような素晴らしい映画、感動の声が止まりません。ただ、映画館で観ることができたという感動を誰かに伝えたくて書いただけなんです。失礼しました。


もし皆さんがどこかでこの映画に触れる機会がありましたら、まずは何も考えずダンスとタップと歌声をお楽しみください。


雨に唄えば(ジーン・ケリー)

雨に唄えば(ジーン・ケリー)

雨に唄えば [DVD]

雨に唄えば [DVD]

雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

【初回生産限定】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

【初回生産限定】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]