読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEL's room.com

映画の感想、そして仕事を通じて感じる「組織」の異常さを自分なりの目線で書いていきます。

【主】ゲームばかりしていたら立派な大人になれないのか?

自己主張

ウォートンスクール ゲーミフィケーション集中講義

ウォートンスクール ゲーミフィケーション集中講義


小学生時代によく言われました。「テレビゲームばかりやってたら立派な大人になれないから勉強しろ!」「漫画なんて読まずに勉強しろ!」という説教です。そんなことをひたすら言われて泣く泣く意味も分からず算数ドリルやお稽古事で通っていた英語の予習なんかをしていました。そのせいかどうか知りませんが、小学校から中学校に上がるあたりで性格が大きく変わりました。小学校高学年のころにこれまで活発だった自分の性格が一気に暗く誰とも話そうとしない内気な性格へ変わった瞬間ってやつを今でも覚えています。常に親からは怒鳴られ怒られ、という理不尽さを繰り返されていたせいでしょうか。この時期が、自分にとって大きな転換期だったのかなと思っています。


そして大人になった今小中学生時代を思い返すと覚えていることが本当に少ない。初めて読んだライトノベル(フォーチュンクエスト)や初めて買ったギャルゲー(ときめきメモリアル)のことはいくらでも思い出せるのに、学校で学んだことや学生時代の各種イベントごとなんかもすべて思い出せなくなっています。抑圧された環境下に自分を合わせることができず、全ての行動を自分の個人的な趣味や一人でできることに没頭していた時期ですね。ただ、この時期に感じたこと、触れたこと、考えたことが今の自分の判断基準のコアになっていると思います。


私の様々な判断基準のコアな部分を少し話しますと、「嫌なことは絶対にしない」というものです。ここでいう「嫌なこと」とは「生理的に本当にやりたくないこと、いくら妥協してもやりたいと思えないこと」です。ただ、目標を達成するため、本当にやりたいことに近づくためであればどんな苦労も厭わない性格なので、「嫌なこと」は目標次第でいくらでも変えられるとも思っています。こういう風に考えるに至ったのは、中学生時代のオタク的な趣味に没頭し始めたころがあってこそだと考えています。


そんな性格のまま大人になった私が今の自分を省みると立派な大人だとは到底思えません。しかし、微力ながらも社会に対し価値を提供し、問題も発生させないことはできていると思います。テレビゲームばかりやってきて、漫画や小説ばかり読んできたけれどそこそこの大学に入学できました。幼少時代に勉強だけを強要されるのもしつけの一環かもしれませんが、それ以外のやり方で育ってきても平均的な能力を持った大人になることは可能だと思えるんです。


立派な大人。これをどう定義するかは十人十色だと思います。起業したり大企業に勤めることが立派な大人だという人もいますし、結婚し子供を産み家を買うことが立派な大人だという人もいます。しかし私はそうは思わない。じゃあどう定義するかというと、立派な大人とはある一定以上の年齢を超えれば誰だってそうなるんだと思っています。18歳、20歳等々いろいろと基準はありますが、こういった年齢を超えることで自動的に立派な大人になると私は思います。何をやっているかなんてどうでもいいことです。人それぞれ価値観が違い、やりたいことも違います。だからこそ、誰でも立派な大人であると思うわけです。


「テレビゲームばかりやっている=立派な大人になれない」という等式は単なる親の根拠のない感情論にすぎません。ただ単にテレビゲームをさせたくないからこう言っているだけです。だって、テレビゲームをしていても立派な大人に誰でもなれるんですから。物事の本質をしっかりと認識し、やりたいことを追求する。そんなことができる時代にしていきたいですね。


未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II

ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える

ゲーミフィケーション―<ゲーム>がビジネスを変える

【映】君の名は。~大して面白くなかった(新海誠さんのファン歴15年です・・・)~

映画感想

f:id:tel_01:20161202005426j:plain


うーん、期待しすぎたかな。やっと観に行ってきたんですが、そこまで面白いと感じませんでした。ストーリーの中盤で大きく物語が動き、そこから次どうなるかわからないというワクワク感と期待が膨らみ、そしてラストに向かうに連れてどんどんしぼんでいく・・・という感じでした。


新海誠さんの作品に初めて触れたのは大学生時代です。『Wind -a breath of heart -』だったかな、エロゲなんですが、このゲームのOPアニメーションを観て一気にファンになったのが始めです。2分にも満たないアニメーションであり、さらにエロゲなんですけど序盤から映像に引き込まれ、細かくカット割りされたり場面がつなぎ合わさったりした展開に目を奪われ、無機質の描写(電柱とか電車とか)や光と影の表現の見事さに脱帽し、ゲームよりもOPアニメーションだけ毎回観ていました。


そして、そのころ発表された『雲のむこう、約束の場所』の舞台挨拶が福岡の小劇場であり、わざわざ新海誠に会いに友人3人と夜中車をかっ飛ばして行ったことを覚えています。初めてお会いした新海誠さんに伝えることができたOPアニメーションの素晴らしさ、感動でした。そしてパンフレットにサインしてもらい、一緒に写真を撮りました。あの頃の写真、もう無いんだよなぁ・・・


といった古くて濃いファンではあるんですが、君の名は。』は一般大衆受けを狙ってるというか、細かい風景の描写が弱いなぁというところとか、ストーリーが中盤からラストに向かう辺りの無理矢理感が気持ち悪いというか、なんというかあんまり好きになれなかったんです。ファンすぎるから厳しい目で観ちゃってるか、自分の好きな新海誠さんがみんなに知られてしまった、という寂しさというか、あんまり楽しめなかったのは事実です。


でも、全く面白くなかったというわけではなく、そこそこ楽しめたという感じです。ここまで大きくヒットするとは思えない作品ですが、何回か観たら印象が変わるのかもしれないですね。次はBDかな。



君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

【映】きんいろモザイク Pretty Days ~金髪は空気でしたが・・・~

映画感想

f:id:tel_01:20161127223150j:plain


TVアニメの1期、2期を全て観てる方ならかなり楽しめると思います。あと、主演声優さんのことが好きなら余計に楽しめるんじゃないでしょうか。


映画自体は結構短く50分くらいだったかな? 5人のメインキャラクターが和気藹々と日常を謳歌する的な内容です。ただ、今回のお話は綾中心の過去回想。中学生時代に綾が転校してきてからどうやって友だちになったのか?そして高校を選んで受験して・・・というお話。


TVシリーズはギャグ展開満載だったけど、映画は結構感動的というかメインが真面目な内容だったので個人的には楽しめました。金髪以外の3人の絆の強さというものが活き活きと描かれていて少しホロリと来る場面も・・・いやぁ、いい映画でした。


と言った感じで3人がメインなので、金髪2名はそんなに前に出てきてませんでした。カレンは後半に見せ場が多少あるのでまだ良いものの、アリスははっきり言って空気のような存在になってます。忍と金髪ハァハァ絡みを多少期待していましたがあんまりなかったですね。


あと、映画に出てくる黒板の文字やエンドロールに書き込まれた落書きの数々、主演声優さんが描いたものだと舞台挨拶で言っていたので、アニメ本編だけじゃなくそれらを探すっていう楽しみ方もできました。


なので、完全にファンのための映画となりますね。きんいろモザイクが好きな方、Rhodanthe*が好きな方はぜひぜひ観に行くことをオススメします!


Happy★Pretty★Clover

Happy★Pretty★Clover

【主】結婚したくない派はもっと堂々と意見を発すべきだ

結婚しない プレミアムDVD-BOX

結婚しない プレミアムDVD-BOX


何を隠そう私は結婚をしたいと思ったことがありません。中学生時代から今の今まで継続して結婚したくないと思っています。もはや結婚しないことが私にとっての「普通」であり、結婚しろという圧力は全力を持って排除すべきエネミーだと認識しています。


そんなエネミーに対して「結婚はしないよ?」と言うと必ずと言って良いほど聞かれることがあります。それは「何で?」という質問です。ま、そりゃ当然ですよね。相手の認識は結婚することが「普通」であり「常識」なんですから、自分たちが信奉する考え方に背いたレールの上を歩む人たちの行動は理解できないし理解しようとしません。


この質問に対し私は「特にない」としか言えません。私にとって「結婚」とはどうでもいいことであり、頭のどこを探してもその二文字は出てきません。そもそもどうでもいいことに理由なんて無いですよね。パチンコを一切しない人に「なんでパチンコしないの?」と聞いても「嫌いだから」とか「どうでもいいから」「考えたこともない」という答えが返ってくると思います。そう、どうでもいいことに理由は無いし、そもそも理由すら考えないでしょう。


しかし、そもそも相手は感情論という理屈以外の部分で圧力をかけてきますし、「みんなしてるから」「普通結婚はするでしょ」という同質性圧力を用いて半ば強引に話を進めてくるのが通例です。だからこちらがエネミーと効果的に戦うためには2つしか方法がないと思っています。


まず1つが「結婚はしない、と断言する」です。私は相手の考え方は尊重します。10人いれば10通りの考え方・価値観があるのが当然です。だから、どんな意見でも理解しようとしますし尊重します。受け入れるかどうかは別ですが。。。こう考えている理由は、自分の価値観を否定されたり踏みにじられることを最も嫌うからですね。だから断言しましょう。そして理由を聞かれても何も答えなくて良いです。言うならば「特に理由は無い」と言っておけば大丈夫です。


それでもなお圧力をかけてくる場合は「無視」すればいいでしょう。相手の勝手な言い分で自分の人生をむちゃくちゃにされる危険性は徹底排除すべきです。自分の人生は自分の手で切り開くものです。多くの人に相談し助言を貰い少しずつ軌道修正することは大切です。しかし、相手の勝手な価値観や言い分、その人が持つよく分からない意見で自分の人生を惑わすことは避けるべきです。だから、そういう声に耳を傾けないようにした方が良いと思っています。


【主】人間関係は嫌な人を徹底的に切ることで上手くいく

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書)


とある人と上辺だけは好意的に振る舞っているが、一旦その人と離れれば悪口や批判ばかりする人。。。たくさん見てきました。私からすれば、そもそも上辺も好意的にしなければいいのになと思うんですが。


私の人間関係は非常にシンプルです。「嫌な人と付き合わない」たったこれだけです。そして嫌だなぁと思った人とは距離を取ります。連絡しない、会わない、話さない、無関心になるだけですね。私の特技は人間関係を一瞬のうちに無かったことに出来ることです。バッサリ切ることができるんです。冷たい人間だと思われるかもしれませんが、結構しっかりと実践しています。多くの人と出会い交流することが出来る今の世の中でストレスを最小限にして生活していきたければ、最も負担の大きい「嫌な人との交流」を限りなく無くせば良いと思っています。


こういった行為を可能にするためには、「みんなに好かれたい」願望を無くすことが必要です。多くの人は「嫌われたくない」という気持ちがなぜか強いようで、こんなことを言ったら嫌われるかも、こんなことしたら不快に思われるかも・・・と心にブレーキを掛けてしまい尖った意見や本当にやりたい要望を言うことなく我慢してしまいます。


しかし、そんなことで壊れてしまうような人間関係なら初めから無い方が良いと私は考えています。言いたいこと、やりたいことを言い合えないような人間関係のどこが良いのか分かりません。どちらか一方、チーム内で自分だけが我慢して成立するような関係って私にとってはかなりのストレスです。


私は大学2回生までこんな人間関係を維持してきたんですが、本当に毎日辛かったですね。嫌われたくない、仲間外れにされたくない、、、とある種強迫観念とも言えるような強烈な恐怖心があったため、無理して我慢して傷つきながら関係を維持していました。でも、ある日なぜか開き直りこういう人間関係を全て清算したんですよ。こういう仲間と距離を取り付き合いを一切辞めました。


するとどうでしょう。毎日が驚くほど楽しくなりました。大学へ行くことが本当に楽しくなったんですね。そしてお互い言いたいことを言い合える友人も出来ました。ストレスを一切感じない人間関係を作ることも出来ました。人付き合いってこんなに楽しいものなんだと驚く日々が目の前に広がりました。


このときの教訓が今回のブログのタイトルです。人間関係は嫌な人を徹底的に切ること、勇気を出してストレスの元をぶった切ること。その行動がより良い生活を生み出してくれるんだと私は確信しています。たとえすぐに新しい人間関係を作り出せなくても、マイナスがプラスマイナス0になるのだから前進していると言えます。それだけでも大きな進歩です。


だからこそ人間関係はシンプルに考えることを私は強くお薦めしたいと思っています。

【映】劇場版アイカツスターズ 〜大人が観ても最高に楽しめる!〜

映画感想

f:id:tel_01:20160818133901j:plain



※ゲームやってません
※TVアニメも観てません

↑こんな状況で観に行ったのですが、かなり楽しめました。


可愛い女の子たちが夢に向かって頑張る姿、時には衝突し落ち込んだり悲しんだりするけど、それでも最後には気持ちいいくらいのハッピーエンド、感動でした。


この映画は、前半がアイカツ、後半がアイカツスターズという2部構成。1部は完全なギャグ回でたくさんキャラクターが出てきますね。TVアニメを見たことが無いので全くわかりませんでしたが、バカバカしくも笑えるこういうアニメ大好きです!


後半のアイカツスターズは、S4と同じステージに立つためのオーディションをペアで受けることになったものの、ゆめちゃんとローラの間にある確執が・・・と目を話せない展開でした。展開自体はよくあるありがちな内容でしたが、落ち込んだり頑張ったりする姿が可愛いかった・・・


最後は圧巻のステージ!この映像を大きなスクリーンで観られるだけでも映画に行く価値がありますね。もう一回くらい観に行ってもいいかも。ちなみに平日の昼に行ったのですが、お客さんは結構多かったかな? 意外と大人が多かったような・・・(私含む)


というわけで、かなりオススメします!


アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル

アニメ『劇場版 アイカツスターズ!』ボーカルシングル

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』OP/ED主題歌「スタートライン!/episode Solo」

【趣】コミケ90 前日設営参加!

趣味

f:id:tel_01:20160816203736j:plain


コミックマーケット90に5日間参加してきました!(前日設営とコミケ後の秋葉原合わせて5日間)


1.前日設営
前日設営は誰でも参加出来ます。設営には2種類作業があり、9時半集合の「測量」と11時半集合の「設営」がありまして、、、今回も設営から参加してきました。簡単に言うと「測量」は机を配置する場所の印を会場内に付けていく作業。「設営」は机と椅子を測量時に付けた印の場所に置くという作業。結構楽しいです。


3年ほど参加してますが、設営に行くとコミケを前日に実感できるので結構テンション上がります。なのでコミケというお祭りが好きな方は時間があれば参加されるのをオススメします。


そして設営、数千台の机を運んで設置するのは大変と思いきやそこまで大変な作業ではないんです。なぜなら参加者がたくさんいるから。なので、最悪1つだけ机を運ぶ、、、だけの参加でもいいと思います(体調優先)。私も前日まで結構せわしなく働いていたので、設営時は数台の机と椅子を運び、あとはLAWSON前でゆっくりしていました。


まぁ、私の場合コミケ仲間がたくさん参加してるので、そういった仲魔たちと再開するという目的も含まれているのですよ。だから結構マッタリ作業しました。でも今回の設営はこれまで参加した設営の中でも結構楽だったと思いました。山の日ということもあり、参加者がいつもよりも多かったのかな?


ちなみに私が設営した会場は「西3・4」。これまでずっと東館ばかり設営してきましたし、もともと企業ブースだったところが今回は初めてサークルスペースになったので設営してきました。普段目にしない光景、、、なんか新鮮です。


f:id:tel_01:20160816203938j:plain


そんな設営の後は友人と合流しちょっとした飲み会・・・今回のコミケ1日目には「T年M組レヴォ八先生」(TMRevolution)が来るから初参加したいと言ってた友人に色々と現実を話してきました。コミケカタログは「必ず購入」し「必ず持っていく」んだよ、と(持って行かなくても良い)。また「何時に並べば買えるかなぁ、10時会場だから1時間前くらいに並べばいい?」と聞かれたので「最低でも始発。それでも買えないと思う」と答えておきました。


いやー、素晴らしいコミケ前日でした。


P.S
・今回の設営マニュアルはおそ松さんでした。
・設営参加者のためにレッドブルを配ってくれました!


f:id:tel_01:20160816203838j:plain

f:id:tel_01:20160816204039j:plain

コミックマーケット設営部ホームページ
tel-01.hateblo.jp
tel-01.hateblo.jp


コミケplus Vol.6 (メディアパルムック)

コミケplus Vol.6 (メディアパルムック)

コミケPlus Vol.1

コミケPlus Vol.1